マンションでもできるインテリアコーディネートのコツ

専門知識が必要な分野

種類が多く幅が広いインテリアコーディネートは、専門知識が必要になる分野ですが、専門知識を学ぶ前に、インテリアコーディネートの基本知識を身につけておきましょう。

照明器具の種類

シーリングライト

インテリアに欠かせない照明器具ですが、照明器具の中でも一般的なものが「シーリングライト」です。LEDライトが主流で最も使いやすい照明器具といえます。

ダウンライト

ダウンライトは、天井に埋め込まれているタイプの照明器具です。おしゃれなスタジオやお店にもよく使われています。住宅に用いる家庭も増えてきている人気のタイプです。

ペンダントライト

天井からコードで吊り下げるタイプの照明器具がペンダントライトです。いくつかある照明器具の中でも、おしゃれなお部屋を演出しやすいタイプで北欧インテリアには欠かせません。

ブラケット

天井ではなく、壁に取り付けるタイプの照明器具がブラケットです。こちらもペンダントライトのようにおしゃれな部屋を演出することができます。壁に取り付けるので光の当たり方を工夫することが容易です。

マンションでもできるインテリアコーディネートのコツ

女性

インテリアコーディネートのコツ

インテリアコーディネートの一番のコツは、「部屋を広くみせる工夫」をすることです。部屋を広くみせることで、身体と心をリラックスさせる効果が期待できます。家具やアイテムをむやみやたらに増やさないということはもちろんですが、色の統一感や照明の当て方でも部屋を広くみせることはできます。まずは色の統一感について意識するようにしましょう。部屋を広くみせるには、ビビットカラーよりも淡い色が効果的です。そのため、壁紙やカーテンは、ベージュやホワイトを選ぶようにしましょう。そして、家具の色も壁紙やカーテンの色に合わせるようにします。全体の色が統一されていると、部屋が広く見え、なによりも過ごしていて心地良い空間を作ることができます。色の統一感を出したあとは、照明の当て方も意識してみましょう。照明は天井についている照明器具だけではなく、間接照明のような置くタイプの照明も利用するようにしましょう。部屋の角や奥まった部分に照明の光をあてることで、部屋を広く見せる効果があります。部屋のインテリアを考えるときは、この2つのポイントを忘れないようにしましょう。

専門コーディネーターに依頼しよう

インテリアコーディネートは自分で考えることもできますが、専門のインテリアコーディネーターにコーディネートを依頼することもできます。専門のインテリアコーディネーターは、おしゃれで快適な部屋づくりをしてくれるエキスパートです。先程述べたコツは基本として様々なテクニックであなたのお部屋をより良いものにしてくれます。一軒家だけではなくマンションの部屋でも依頼することができます。過ごしていて気持ちのよい部屋づくりを目指している方は、ぜひインテリアコーディネーターに部屋のコーディネートを依頼してみましょう。

新着情報

広告募集中