失敗しないフレンチカントリー家具の選び方

失敗しないフレンチカントリー家具の選び方

家具

少しくすんだ色を選ぼう

フレンチカントリー風のインテリアの特徴は、白がベースになっていることです。壁紙やカーテン、天井の色は白が基本で少しだけベージュや淡い水色が入っています。しかし、フレンチカントリー家具を選ぶときは壁紙やカーテンと同じように白をベースにしてしまっては、全体の見た目が退屈になってしまいます。そのため、おしゃれなフレンチカントリーインテリアを実現したい方は、少しくすんだ色のフレンチカントリー家具を選ぶようにしましょう。フレンチカントリー家具選びでよく使われる単語がシャビーシックです。シャビーシックは、「シャビー」と「シック」に分けることができます。「シャビー」は古い、使い込まれた、というような意味をもち「シック」は、上品、優雅という意味をもちます。このことから、シャビーシック家具は、使い込まれた雰囲気とおしゃれな雰囲気が混ざった家具のことをいいます。シャビーシック家具の特徴はさきほど述べたように「くすんだ色」です。新品のような雰囲気ではなく、昔から使われているようなアンティークな色合いが特徴です。シャビーシックの家具を選ぶことで、おしゃれなフレンチカントリーインテリアを実現することができます。

曲線のある形状が特徴

フレンチカントリー家具のもう1つの特徴が曲線のある形状です。フレンチカントリーはフランスの田舎の家をイメージしたインテリアです。そのため、フランスで昔から使われているような家具の形状が理想的ということになります。最近の家具はモダン的なデザインが多く、角ばっていてシンプルな形状が多くありますが、フレンチカントリー家具を選ぶときは角が丸かったり、猫脚を持っていたりする家具を選ぶようにしましょう。また、昔使われていた家具には鉄の取っ手がついていたものが多くあったので、アイアンがついている家具もフレンチカントリー家具のイメージをより強いものにしてくれます。以上の理由から、フレンチカントリー家具は「色合い」と「形状」の2つが大きなポイントになります。フレンチカントリー家具を購入するときは、この2点を意識して選ぶようにしましょう。きっと理想的なフレンチカントリーインテリアを作ることができるでしょう。

新着情報

広告募集中